元旦 雪の光悦寺【GXR A12 28mm】

Ricoh GXR + GR LENS A12 28mm F2.5
Program AE ISO320 f/3.5 1/125 +1 EV
Program AE ISO200 f/3.5 1/250 -0.3 EV
Program AE ISO200 f/3.5 1/200 +0.3 EV

すべてノートリミング ノーレタッチ JPEG

実家の近所にある光悦寺。
「光が悦ぶ寺」と書いて(こうえつじ)と呼びます。

光悦寺は「息を呑むほど美しい紅葉」を楽しめるスポットとして有名ですが
秋以外は割合に閑散としています。
いや、静かで風情があるといった方が良いかもしれません。
お薦めの寺ですよ。

珍しく雪の年明けになった京都。
「雪の光悦寺」はどんな感じなんだろうとさっそく行ってみました。

・・・やっぱり美しかったですね。
静かで、厳かで、心からくつろげる空間を満喫できました。

京の台所 錦市場 - 大晦日 –

Ricoh GXR + GR LENS A12 28mm F2.5
Program AE ISO200 f/3.2 1/125 0 EV
Ricoh GXR + GR LENS A12 28mm F2.5
Program AE ISO200 f/2.5 1/80 -0.3 EV
Ricoh GXR + GR LENS A12 28mm F2.5
Program AE ISO200 f/2.8 1/160 0 EV
Ricoh GXR + GR LENS A12 28mm F2.5
Program AE ISO209 f/2.5 1/30 0 EV

すべてノートリミング ノーレタッチ JPEG

京の台所と呼ばれる「錦市場」は
大晦日の熱気に包まれていていました。

この夜はGXR A12・28mmで気軽にスナップ。
GRDの時と同じ撮り方をしても、ひと味違う写真になるのが面白かった。
GXR A12・28mmって楽しい。
そう感じた瞬間でした。

銀閣寺あれこれ GXR A12 28mm

Ricoh GXR + GR LENS A12 28mm F2.5

銀閣寺にいる間、GXRの画質設定がずっと「ビビッド」になっていたみたいで
どれも派手な絵になっています。(最後の写真のみスタンダード)
ビビッドは好きな設定なんだけど、いくらなんでも少し極端すぎる気が・・・。

Ricoh GXR + GR LENS A12 28mm F2.5
Ricoh GXR + GR LENS A12 28mm F2.5
Ricoh GXR + GR LENS A12 28mm F2.5
Ricoh GXR + GR LENS A12 28mm F2.5

ノートリミング ノーレタッチ JPEG

京都・哲学の道 GXR A12 28mm

Ricoh GXR + GR LENS A12 28mm F2.5
Program AE ISO200 f/6.3 1/640 0 EV

ノートリミング ノーレタッチ JPEG
京都の「哲学の道」を歩きました。
「哲学の道」は《日本の道 100選》にも選ばれた有名な散歩道で
小川に沿った小道がいい感じです。
観光客のマナーが悪いせいか
僕が行った時は「道」に人が入れないよう柵がしてあって、それがちょっと残念。
仕方なく「哲学の道」を眺めながら隣の舗装路を歩いたわけですけど
それでも5分も歩けば観光客はグーンと減って
途中から「哲学の道」に入れるようになってました。
地元の人だって、閉鎖するのは本意じゃないんですよね きっと。
哲学者がこの道をよく散歩していた事から名付けられた「哲学の道」。
当時の哲学者たちは、『人生とは・・・』なんて考えながらこの道を歩いていたんでしょうかね。
そんな道を歩いていたら、自分も頭が良くなった気がするから不思議です(笑)

深まる秋 GXR A12 28mm

Ricoh GXR + GR LENS A12 28mm F2.5
Program AE ISO200 f/4.5 1/500 +0.4 EV

ノートリミング ノーレタッチ JPEG

京都・南禅寺

どういう訳か僕は紅葉に縁がなくて
これまでこんな風に紅葉を見ることがなかったのですけど
なかなか良いものですね。

紅葉がこんなに艶やかで素晴らしいものだとは・・・。

「四季折々」って言葉がありますが
こんな紅葉を見ていたら、「日本って素敵だな」って素直に思います。

秋の京都 南禅寺 GXR A12 28mm

Ricoh GXR + GR LENS A12 28mm F2.5
Program AE ISO200 f/5.0 1/320 -0.4 EV

ノートリミング ノーレタッチ JPEG

先週末は銀閣寺と南禅寺に行ってきました。
もう紅葉の季節なんですね。
これからまだまだ色づいていくのでしょうけど
僕が行った時は、すでに紅葉が目に眩しかったです。

Ricoh GXR+A12(28mm)の組み合わせ、いいですね。
想像通りというか、想像以上というか。
発色が素晴らしいです。

ビビッドな紅葉 GXR A12 28mm

Ricoh GXR + GR LENS A12 28mm F2.5
Program AE ISO200 f/3.5 1/200 +0.7 EV

ノートリミング ノーレタッチ JPEG

京都・南禅寺

GXRの画質設定を「ビビッド」にして紅葉を撮ってみる。
強烈な彩度とコントラスト。
やり過ぎのような気もするけど、これはこれで味があっていいのかな。