混乱

Ricoh GR Digital

東京はいま、あらゆるコトが混乱しています。
この「混乱」の向こうには何が待ってるのでしょうか?

もっと強い気持ちを持たなければならないのは分かっています。
でも今は「不安」が先走っています。

次の季節を感じる瞬間

Ricoh GR Digital + GW-1
Program AE ISO154 f/4.0 1/13 0 EV

ついに今日暖房を入れてしまった・・。
時期が早いのは分かってるけど、急な気温の変化に体がついて行けてないみたいで
クシャミと鼻水が止まらない!
先週までTシャツ一枚で「暑い!」って言ってたのにね。

ところで「次の季節を感じる瞬間」っていいよね。
たとえば、冬なのに微かな春の匂いを感じたり
秋なのに冬服のショーウィンドウを見て「もうすぐ冬なんだ~」って思ったり…ね。

うまく言えないけど「次の季節を感じた瞬間」って
次の季節へのワクワク感が芽生える瞬間でもあるような、そんな感じなのかな。

・・・街で見かけた【winter collection】の文字。

「あっ、そうか、もうすぐ冬なんだ」

このショーウィンドウを見たとき
「次の季節を感じる瞬間」に出会ってようでちょっと嬉しい気持ちになったんだよね。

葉っぱのフレディ

Ricoh GR Digital

先日、高知県で小学校教諭をされている方より、上の写真にコメントをお寄せいただきました。

内容は『道徳の時間で「葉っぱのフレディ」を使った授業を計画しています。その中で、フレディたちが人間たちに木陰を作る場面があります。そこの部分でブログ内の写真を使わせてほしいのですが…』というもの。

僕の写真が、小学生の道徳の素材に? 嬉しいような、むず痒いような(笑)

この写真は2006年夏に撮りました。当時はこの写真を《リコー カレンダーコンテスト》に応募し、【佳作】をいただいた想い出があります。そしたまた、この写真を通して嬉しいお話が…。不思議なものですね。

ところで「葉っぱのフレディ」。

よく知らなかったので、ウィキペディアで調べてみました。受け売りですが…春に誕生した葉っぱが、冬にその生涯を終え、その葉っぱの栄養分は次の葉っぱに…。そして葉っぱの命は永遠に受け継がれていく。。。みたいな感じで、【地球環境】や【生命循環】というテーマを子供たちに分かりやすく伝える有名なお話だそうです。

授業は10月初旬。授業を受けた子供たちの心の片隅に、この写真の記憶が、僅かでも残ってくれれば嬉しいな。

K先生、コメントをありがとうございました。
授業がんばってください!

祭のあと

Ricoh GR Digital

ノートリミング ノーレタッチ JPEG

祇園祭・宵山を後にする人たち。
なぜか僕の中で印象に残ったシーン。

祭って参加する人も見る人も、みな仮面をかぶってる。
うまく言えないけど、なんかそんな感じ。
仮面舞踏会みたいな…。

そして、祭りを後にする瞬間
誰もがその仮面を外して、素顔に戻るんだ。

僕は、そんな光景がとても心地いいんだよね。

祇園祭 宵山スナップ

祇園祭・宵山。
揉みくちゃにされながら京都・四条通りを歩く。
この時は雨だったので少なめの人‥だったかな。

それでも山鉾の近くは、身動きできないほどの人、人、人。
あちこちで怒声も聞こえる。
関西人って短気な人多いしね(笑)
祇園祭・宵山に行く皆さんは覚悟してください(笑)
今年は晴れるといいね!

ALL Ricoh GR Digital