幕間の風景

CANON EOS 20D / EF35mm F1.4L USM

場所を鎌倉・由比ヶ浜から稲村ケ崎海岸へ移し、残りのカットを撮影。
ちょうど夕陽が西に傾き始める頃で、浜辺のシルエットが美しい。

撮影の合間、心に響く光景を拾ってシャッターを切りました。
レンズの向こうでは、ちょうど良い具合にきよじいが浜辺を歩いてる‥

何気ない“幕間の風景”です。

navy-yard 秋のウェア

CANON EOS 20D / EF35mm F1.4L USM

昨日はnavy-yard秋物ウェアの撮影に行ってきました。もともとの撮影予定は今日だったのですが、台風の影響で急遽昨日‥ということに。

夏から秋へと変わるこの時期は、暑いんだか涼しいんだかよくわからない微妙な季節(笑) でもウェアはカシミア素材のセーターや厚物ジャケットなど、すっかり深秋モード。

この日のモデルさんはnavy-yardによく足を運ぶというお客さん。モデルは初体験ということでした。ナチュラルテイストのウェアを次から次へと着こなしてくれて、撮影は順調。

「最初は緊張したけど、だんだん撮られる事が楽しくなってきた」と言ってくれた彼女。いやいや僕こそ楽しく撮らせていただきましたよ。ありがとうございました。スナップ感覚で軽く撮る撮影スタイルが良かったのかもしれませんね。

鎌倉navy-yardの秋物は今週末に何点かアップされる予定です。
良かったらご覧ください。

navy-yard

ミシン

CANON EOS 20D / EF35mm F1.4L USM
ふろしき製造工程の中で心を引かれた道具。それは作業場の隅に置かれた一台の工業用ミシン。ちょっとした手直しをする為に使うんだろうか? 逆光に浮かび上がるシルエットがとても美しくて、思わずカメラのシャッターを押してしまった。

心のニュアンス

心のニュアンス
CANON EOS 20D / EF35mm F1.4L USM

人は言葉を使って自分の気持ちを伝えるけど
でも時として、言葉と言葉の間に訪れる“沈黙”の方が
雄弁に自分の気持ちを伝える事があります。

例えば互いに流れる空気とか、目の輝きとか ‥そういったもの。

厳しい言葉で相手から責められても
それが憎しみからの言葉なのか、優しさから出た言葉なのか
そんな微妙なニュアンスは、“言葉の間の沈黙”で妙に伝わったりするものです。

それと似てるかどうか分からないのですが
カメラも時々微妙な人の心のニュアンスを写すことがあります。
例えば、ポーズからポーズに移るそのわずかな一瞬。
または相手がカメラを意識しない一瞬。

‥その一瞬を逃さずシャッターを切る。

そんな“心のニュアンス”が写りこんだ写真が、僕は好きです。

モデル
navy-yard / 日高さん

マッキントッシュコート

マッキントッシュコート
CANON EOS 20D / EF35mm F1.4L USM

11月の湘南海岸で
サイト navy-yard のカタログ用写真を撮ってきました。

小雨が降ったりやんだりの天気だったけど
それが逆に“寒い絵”になってイイ感じに。

この写真のアイテムはあの有名な『マッキントッシュコート』。
天然ゴムを使ったコートで、防水性が高く、暖かい。
シンプルなデザインもいいね〜。

モデルは きよじい
目が覚めるような真っ赤なコートを
還暦を迎えたオジサン(きよじい)が着ると似合うね。
原色の服って、歳を重ねた方が似合うと思うんだ。

マッキントッシュコート
CANON EOS 20D / EF35mm F1.4L USM

白いシャツ

白いシャツ
CANON EOS 20D / EF35mm F1.4L USM

白いシャツっていいね。
着てるだけで、気持ちがシャンとするし。

久しぶりに袖を通した日は‥なおさら。
ちょっとだけ自分が新しくなった気がする。