GRDで流し撮り

Ricoh GR Digital II

ノートリミング ノーレタッチ ノーファインダー JPEG

GRD2で流し撮りにトライ。友達に「流し撮りって難しそうだよね」って言われて、「僕は適当に撮ってるよ」と答えると、友達は「へー、そんなもんかねぇ〜」といかにもその後に何か言いたそう。

カメラを移動させながらシャッターを押すのって、タイミングは確かに難しいけど、あまり深く考え込まずササッと撮るのが僕の信条。ヘタながらも、純粋に“撮る”行為を楽しみつつ「あっ、こんなのが撮れた…」って嬉々としながらシャッターを押すだけ。だから失敗写真もワンサカなんですけどね(笑)

こういう動きのあるスナップ写真って、あれこれ考えながら撮るモンじゃないと思うんですよ。撮りたい! って思う瞬間は1秒にも満たない短い時間だし、それに対していちいちカメラの設定を考えて、構図を整えて…なんて絶対無理(笑) やっぱり良い意味での“いい加減さ”とか“割り切り”とかを持ちつつ撮らないと、シャッターチャンスを逃がしちゃう。特に街の雑踏スナップは。

適当に撮るにはモノクロが良いですよね。カラーはいろいろ設定が面倒だし。でも露出補正にはけっこう気を遣います。露出補正ってホントに大切。ところで、GRDは「露出補正ボタン」が独立してるからいいですよね! 「露出に気を遣いながら適当に撮る場面」では、もの凄い機動力を発揮してくれます。動きもスムーズだし。ちょっと凝った設定をするにはアジャストボタンを押せばいい。GRD…つーか、リコーのデジカメってやっぱりいいな。

…流し撮り。上手な人が撮ると「こんな感じで撮れるはず」なんてイメージしながら撮るのかもしれない。でも僕はすべてが偶然の産物。「一期一会」っていう言葉はちょっと的外れかもしれないけど、でもそんな感じで流し撮りを楽しめればいいな…なんて思うんですよね。

コメントを残す