Ricoh GR Digital IV ポジフィルム調 FS
Program AE ISO80 f/2.5 1/810 0 EV

東京は木枯らし1号が吹いたみたいです。少しずつ冬の足音が近づいて来ましたね。

今日はGR Digital IVを持って新宿へ行きました。緊張の初撮りです(笑) 新しいカメラを持って外に出る時って本当にドキドキします。「III」から「IV」に代わって、基本的には同じカメラのハズなのに、まるで別のカメラを持ったような感覚になるから面白いです。

画質はIIIに比べると明らかに良くなりました。街の「質感」や「立体感」がよりリアルに感じられるようになった・・という印象です。ブラボーです。

ただメチャクチャ多機能になりました。すべての機能を頭に入れて「よし! この場面ではこの機能を使おう!」なんて人が果たしているんだろうか(笑) でも「自分の撮影スタイル」にあった機能をセレクト&カスタマイズすれば、最強の《マイカメラ》になるんでしょうね。僕は新機能に慣れるまで4〜5日かかりました(…まだ慣れてないけど)

GRD4で初撮りした感想を一言で言うと「ムチャクチャ楽しかった」・・です。うん、やっぱりそれに尽きるかな。とにかく楽しかった。オートブラケット、ポジフィルム、ブリーチバイパス、シャッターなどなど飽きることがなかったし、これから先も飽きることはないでしょう。

GRD4の魅力。それは重量じゃなく、感覚的な意味での『軽さ』。もともとGRDには「感覚的な軽さ」がありましたが、それが「IV」になってさらに進化した・・という感じです。サクサク撮れるし、撮っていてホントに楽しい。

楽しく撮るって大切な事ですよね。

GRDは《画質》云々よりも、もっと別の魅力に溢れたカメラだと思います。でも、その魅力は「使ってみないと分からなかったり」するから大変です(笑) 「III」から「IV」への進化も言葉やスペックだけでは伝わりにくく、街に出て、撮ってみて、初めてその《軽快さ》を体感できるのだと思います。

スナップ写真を撮ることが好きな人なら、「IV」の進化には思わずニヤリとするだろうし、スナップって楽しい…って事を再認識させてくれる事でしょうね、きっと。

Ricoh GR Digital IV ブリーチバイパス
Program AE ISO80 f/3.2 1/1230 0 EV
Ricoh GR Digital IV ポジフィルム調
Program AE ISO80 f/1.9 1/34 0 EV
Ricoh GR Digital IV ポジフィルム調
Program AE ISO80 f/4.0 1/1070 0 EV
Ricoh GR Digital IV ポジフィルム調
Program AE ISO80 f/2.5 1/500 0 EV

すべてノートリミング ノーレタッチ

#

2011-10-26

コメントを残す