GR Digital IVで撮る 南禅寺 水路閣

Ricoh GR Digital IV + GW-2 ポジフィルム調
Program AE ISO80 f/1.9 1/97 +1.0 EV

一番好きな京都の名所は、何と言っても南禅寺にある「水路閣」。歴史のある社寺もいいけれど、こういう西欧風の建造物もなかなか趣があって好きです。

水路閣は、琵琶湖の水を京都に運ぶために建造された「琵琶湖疏水」。南禅寺の横を通るため、景観を配慮してこうしたモダンな水道橋にしたとか。西欧技術を使いながらも、日本人だけで設計施工をしたというから凄いですね。「水路閣(すいろかく)」というネーミングも味わい深い。

着工は明治18年で明治23年に完成。現在も使われていて、橋の上も普通に歩けます・・。(東京なら絶対に「立入禁止」だろうな)

今回はGRD4を【ポジフィルム調】に固定。ワイコンGW-2(21mm)を付けっぱなしにして撮りました。【ポジフィルム調】は面白いんだけどコントロールが難しいですね。露出補正しても、実際に記録される絵は液晶画面と違う明るさなので、勘に頼って露出補正するしかない。今回のように空を入れた構図ではコントラス差が激しいので、余計に難しいと感じました。(液晶画面では0EVでOKなのに、実際は+1.0EVまで上げないと適正露出にならない)

この辺りを改善してもらえると【ポジフィルム調】がもっと楽しくなるんですけどね。

Ricoh GR Digital IV + GW-2 ポジフィルム調
Program AE ISO80 f/1.9 1/45 +1.0 EV
Ricoh GR Digital IV + GW-2 ポジフィルム調
Program AE ISO80 f/1.9 1/48 +1.0 EV
Ricoh GR Digital IV + GW-2 ポジフィルム調
Program AE ISO80 f/1.9 1/97 +1.0 EV
Ricoh GR Digital IV + GW-2 ポジフィルム調
Program AE ISO80 f/1.9 1/68 +0.4 EV
Ricoh GR Digital IV + GW-2 ポジフィルム調
Program AE ISO92 f/1.9 1/26 +1.6 EV
Ricoh GR Digital IV + GW-2 ポジフィルム調
Program AE ISO100 f/1.9 1/26 +1.0 EV
Ricoh GR Digital IV + GW-2 ポジフィルム調
Program AE ISO80 f/2.5 1/84 +0.7 EV
Ricoh GR Digital IV + GW-2 ポジフィルム調
Program AE ISO80 f/1.9 1/48 +0.7 EV

コメントを残す