林百貨店 屋上から

林百貨店 屋上で

Ricoh GR II

林百貨店の屋上はユニークだ。元は「末広社」という神社があり、現在はその神社の面影をモニュメント的な意味合いで残している。

鳥居や足元に転がる大きな石は1933年に「末広社」が作られた当時のまま。鳥居の一部は(空襲のせい?)破損している。ニョキッと上に突き出た鉄棒は「銃の射撃台」だとか。

それにしても台南の人たちは歴史を保存するのが好きらしい。戦争の爪跡をそのまま商業施設に残し、現在と過去を上手に共存させている。レトロとか懐かしいとか、そういう言葉よりももっと重くて深いものを「林百貨店」は僕達に伝えてる気がする。

林百貨店 屋上で

Pentax K-1 smc PENTAX-FA 77mmF1.8 Limited ƒ/5.6 1/640 ISO 100

林百貨店 屋上で

Ricoh GR II

林百貨店 屋上で

Ricoh GR II

林百貨店 屋上で

Ricoh GR II

林百貨店 屋上で

Pentax K-1 smc PENTAX-FA 77mmF1.8 Limited ƒ/5.0 1/500 ISO 100

林百貨店

Ricoh GR II

林百貨店 屋上で

Ricoh GR II