海の記憶

R0113516

Ricoh GR Digital III + GW-2
Program AE ISO400 f/1.9 1/18 +0.3 EV

ノートリミング ノーレタッチ

2011年が終わろうとしています。今年は本当に災害の多い年でした。中でも3月11日の地震と津波には大きなショックを受けました。被災地に比べれば、都内の“揺れ”なんて比べ物にならなのかもしれませんが、それでもあの時の地震の恐怖は今も頭から離れません。

僕のブログは「海」をテーマにした写真が多いのですが、震災以降、海の写真を載せるべきか否か、ずいぶん悩みました。海の写真を載せることは「無神経な行為」じゃないかと思い詰めました。「津波被害に遭われた方々のことを考えれば載せるべきではない」「いや、これまで通り、いつもの自分通りで良いんだ」など、ブログ記事をアップするたびの「自問自答」…。

でもある時から、こんな事を思うようになりました。

津波によって大勢の方が亡くなったことは大きな悲しみ。でも『人は海から離れては生きてゆけない』のだから、正直に「今の海」と向き合おう。そして2011年の記憶を忘れることなく前進しよう。

そんな気持ちで「海の写真」をブログにアップすることにしました。でもこの選択が本当に良かったのかどうかは、今も答えが見つけられないのですが・・。

今年のブログはこれで終わりです。拙い写真にお付き合い下さった皆さん、本当にありがとうございました。また来年もお会いしましょう。

皆さん、どうぞ良い年をお迎えください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。