ピープル,  台湾

台湾の人たちの優しさに触れて

僕はある出来事をきっかけに台湾の人たちと知り合いました。そのきっかけとは、日本に来ていた台湾人留学生を僕が助けたことなのですが、それが元でその台湾人留学生の家族と仲良くなり、またその親戚の皆さんとも仲良くさせていただいた…と言うわけです。

今回の台湾旅行も、留学生の家族と親戚の皆さんと一緒でした。もう…こちらが申し訳なるくらい何から何までお世話になってしまって、いくら感謝の気持ちを伝えても伝えきれないほどでした。台湾の人たちの情の厚さは、日本人の僕から見ると驚くほどです。「おもてなし」の気持ちは日本人よりも台湾人の方がストレートなのかもしれないですね。

学校を休んで来てくれた子ども達、足を捻挫して跛(びっこ)をひきながら南投縣を案内してくれた昆佑さん。滞在中ずっと僕の面倒を見てくれた留学生のお母さん。人混みの中をバイクで走り抜けてくれた日本アニメが大好きな益祟君。みんなで過ごした時間はこれからもずっと忘れないだろうなぁ。

今回の台湾旅行は「高雄~東港鎮~南投縣」と移動も大きかったけど、以前から行きたかった場所に行けたり、3年に1度の祭を見ることができたり…と、自分自身にとって大きな収穫になった旅でした。

それよりも、やっぱり台湾の人たちの優しさに触れられたことが何よりの収穫かな。

台湾の皆さん、ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。