GR 明瞭コントロール

最近、カメラ内現像のGRエフェクト「明瞭コントロール」をよく使います。いままで「明瞭コントロール」の役割をいまひとつ理解できずにいたのですが、最近なんとなく使いどころが分かってきました。このエフェクトは言葉通り、写真の明瞭加減をコントロールする時に使うわけですが、強すぎると輪郭が不自然になってしまうし、弱すぎると明瞭効果があまり感じられないのでその「加減」が微妙です。それに加えてコントラストと露出補正、さらには必要ならば周辺光量を調整しながら絵を仕上げていくと、実に立体感のある絵になります。

この写真は僕の実家がある、京都鷹峯の旧長坂道です。深い緑に囲まれたこの道はいつ歩いても気分がいいです。エフェクト「明瞭コントロール」は、この鷹峰の木々の雰囲気をよく再現してくれています。

京都鷹峯を歩く

Ricoh GR II 明瞭コントロール

京都鷹峯を歩く

Ricoh GR II 明瞭コントロール

京都鷹峯を歩く

Ricoh GR II 明瞭コントロール

京都鷹峯を歩く

Ricoh GR II Miniature

京都鷹峯を歩く

Ricoh GR II 明瞭コントロール

京都鷹峯を歩く

Ricoh GR II 明瞭コントロール

コメントを残す