ハンドベル

Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
Program AE ISO640 f/2.5 1/50 +0.7 EV
今日は念願のハンドベルの練習にお邪魔しました。以前からハンドベル指揮者の中尾さんに「練習風景を見せて欲しい」とお願いしていたのですが、それがようやく実現! 嬉しい。。
ハンドベルは非常に特殊な楽器です。通常の楽器は「音階」を持っているけど、ハンドベルの場合は一鐘一音。それを数名の奏者が受け持った音をタイミングよく鳴らすという、ほとんど神業に近い奏法で演奏します。奏者全員が一心同体にならないと曲を演奏することは不可能で、まさに「心のハーモニー」という言葉がぴったりの実に奥深い楽器なんですね。
僕もハンドベルを触って実際に鳴らしてみたのですが、音は鳴るけどそれをタイミングよく他の奏者と合わせる…なんていう芸当はできそうにありませんでした(笑)
元々ハンドベルは教会の鐘を鳴らすための「練習用楽器」として考案されたそうですが、今ではそれが音楽ジャンルとして成り立っているわけです。ハンドベルの音が「ハートフル」なのはそういったことが理由にあるのかもしれませんね。
Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
Aperture-priority AE ISO800 f/4.0 1/40 0 EV
Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
Aperture-priority AE ISO800 f/4.0 1/35 0 EV
Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
Program AE ISO640 f/2.5 1/50 +1.3 EV
Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
Shutter speed priority AE ISO200 f/3.5 1/15 +0.3 EV
Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
Program AE ISO200 f/2.5 1/60 0 EV
楽譜は普通でした(笑) でも奏者が奏でるのは音符の中の1音のみ。タイミングよく鐘を振らないと音楽が壊れてしまう。奥にいる人が指揮者の中尾さん。ユーモアを交えつつ、時には叱りながら奏者をグイグイ引っ張っていきます。
Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
Program AE ISO200 f/3.5 1/200 0 EV
練習をしているすぐ横で猫が爆睡中(笑) ハンドベル演奏はそれだけ静かで優しい音なんです。お聞かせできないのが残念です。
やっぱり「音楽」って素晴らしい。改めてそう感じた一日でした。
・・「音を奏でる」事は、生きてることの証なのかもしれないなぁ。

コメントを残す